カートをみる マイページへログイン ポイントご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

ローヤルゼリーとは

ローヤルゼリーは、その成分や働きが解明されるようになるずっと前から「不老長寿の霊薬」「若返り薬」「万病に効く万能薬」などと言われてきました。ローヤルゼリーとは、働きバチが花から採取した花粉を体内で消化、分解、生成し、下咽頭腺(人間の唾液腺にあたる)と大あご腺から分泌したものです。

乳白色のクリーム状の物質で、味は独特の酸味があり、三大栄養素であるタンパク質、糖質、脂質をはじめ、各種ビタミンやミネラルなどをバランスよく豊富に含んだ高栄養食品です。また、強い抗菌作用、抗ガン作用が確認されている10-ヒドロキシデセン酸は自然界にはローヤルゼリーにしか含まれていない特有の成分です。

ローヤルゼリーは女王バチが生涯にわたって食べる唯一無二の食物であることから「王乳」とも呼ばれています。


ハチミツとはどう違うの・・・

ハチミツの主原料は、働きバチが花から集めてくるミツであり、ミツバチの持つ酵素の力で、それを果糖やブドウ糖などに分解した甘味の強い液状物質です。ハチミツは花粉とともに働きバチの食べ物となります。

一方、ロールゼリーの主原料は花粉で、働きバチが食べた花粉を体内で分解、合成した乳白色のクリーム状物質で、女王バチの食べ物となります。

すなわち、ハチミツとローヤルゼリーは似て非なるものであり、ローヤルゼリーはハチミツより更に高い栄養価(ビタミンB1は100倍、B6は60倍など)を誇る優れたものなのです。


女王バチのスタミナ源・・・

ハチは数万匹という大所帯で多数の仲間と社会生活をしていますが、役割分担がはっきりと分かれています。働くのはメスの働きバチのみで、生まれて一週間は巣の中で子育てをし、その後はひたすらミツ集めをします。オスバチは単に生殖用の道具でしかなく、交尾後はショック死してしまいます。

また、メスバチの中でも交尾と産卵をするのは数万匹の大群中にたった1匹の女王バチだけで、ローヤルゼリーだけを一生食べ続けて育ちます。ローヤルゼリーを食べ続けることのできる特権は、ハチ社会では女王バチにしか許されていません。

女王バチは、働きバチの400倍にも匹敵する生涯を生き、一日に約1000個以上もの卵を生み続けることができます。この女王バチの驚異的な生命力を支えているスタミナ源こそがローヤルゼリーなのです。


古代ギリシャ時代から知られていたローヤルゼリー・・・

古代ギリシャの哲学者アリストテレスはその著書 「動物誌」にローヤルゼリ―について「濃厚なハチミツに似た淡黄色の柔らかいもの、その中から女王バチの幼虫は誕生する」と記しています。ハチミツとは異なるクリーム状の液体の中に浮かぶミツバチの幼虫が女王バチへと成長することを知ったアリストテレスはローヤルゼリーそのものが女王バチを生み出す魔法の鍵だと理解していたのです。

また、1954年には当時のローマ法王ピオ12世が危篤状態に陥り、万策尽きた後、最後にローヤルゼリ―を服用した結果、奇跡的に回復し、生還しました。この体験をピオ12世が自ら世界養蜂会議で披露し、ローヤルゼリ―は「不老長寿の薬」と有名になったのです。

また、ロシアでは同国の100歳以上の長寿者の多くが養蜂家で、ローヤルゼリ―を毎日摂取していると発表され、ブ―ムに火がつくことになりました。

今日まで、数ある健康食品の中でもローヤルゼリーほど科学的に研究されてきたサプリメントはないといっても過言ではありません。

ローヤルゼリーの成分

ローヤルゼリーには、三大栄養素であるタンパク質、糖質、脂質をはじめとし、ビタミンやミネラル、人の健康に不可欠な必須アミノ酸など40種類を超える豊富な栄養素がバランスよく含まれています。

ローヤルゼリーの主な成分は次になります。

ビタミン・・・体調を整える
  ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、パントテン酸、葉酸、コリン、ナイアシン、ビオチン

ミネラル・・・微量でも不可欠
 鉄、銅、亜鉛、マグネシウム、マンガン、カルシウム、カリウム、ナトリウム、リン

アミノ酸・・・カラダの素
 アスパラギン酸、アラニン、アルギニン、グルタミン酸、セリン、プロリン、チロシン、グリシン、シスチン、γ-アミノ酪酸、β-アラニン、タウリン

必須アミノ酸・・・自分のカラダでは作れない
 バリン、リジン、ヒスチジン、ロイシン、メチオニン、トリプトファン、スレオニン、フェニルアラニン、イソロイシン

特有成分
 デセン酸(10-ヒドロキシデセン酸)・・・ローヤルゼリーにのみ含まれている特有の脂肪酸です。体内の糖代謝を正常にする働きがあります。また、抗ガン作用もあると注目されています。

 アセチルコリン・・・人間の神経伝達物質で、副交感神経に関与して自律神経を整えます。そのため、自律神経失調症や更年期障害に役立つと期待されています。また、副交感神経が優位になると血圧を下げ、消化を促し、便秘の改善にもつながります。

 類パロチン・・・類パロチンとはヒト唾液腺ホルモンに類似した物質で、細胞を活性化する「若返りホルモン」とも呼ばれ、筋肉、内臓、骨、歯、頭髪などの組織の成長や再生を促し、老化防止に役立ちます。

 ビオプテリン・・・ノーベル賞学者のプテナント博士が発見した物質で、女王バチへの分化に関与しているとも言われています。

デセン酸について

1958年、科学雑誌「ネイチャー」にカナダのオンタリオ大学のタウンゼント博士らの研究グループがローヤルゼリーの制ガン作用について報告しました。

タウンゼント博士らが、2年間に1000匹のネズミのガン細胞にローヤルゼリーを混ぜて注射したところ、ガン細胞の増殖が阻止できたと言うのです。この実験結果からローヤルゼリーにのみ含まれる成分「10-ヒドロキシデセン酸」に、ガンの広がりを抑える作用があることが示唆されますが、同時にデセン酸には、ガンに伴う様々な苦痛を和らげる効果も期待できるのではないかと考えられています。

また、このデセン酸はインスリンの分泌を刺激し、糖分の代謝を助ける働きがあるので、糖尿病にも有効とされています。


デセン酸の作用・・・

〇抗ガン作用
〇血圧・血糖値安定作用
〇コレステロール降下作用

ローヤルゼリーでアンチエイジング

酸素は私たちが地球上で生きながらえていく上で欠かすことのできない物質です。しかし、呼吸により体内に取り入れられた酸素はエネルギーを作り出す過程で不安定な状態になり、そのうちのおよそ2%が体内で毒になってしまいます。それが、老化や病気を引き起こす最大の要因である活性酸素です。活性酸素は細胞レベルで障害を引き起こし、病気発生の90%以上に関与しているとまで言われているのです。

ローヤルゼリーに含まれる良質のタンパク質は、私たちの消化管で分解され、抗酸化性ペプチドが生成されます。抗酸化作用が確認されているこのペプチドには、活性酸素を除去する作用があります。

その他にも美肌作用や疲労回復作用、免疫活性化作用などが確認されており、ローヤルゼリーはアンチエイジングにもってこいのサプリメントと言えます。


ローヤルゼリーで美肌になる・・・

シミやシワ、クスミなど肌の老化が進んでしまうのは、「唾液腺ホルモン」と呼ばれるパロチンという成分の減少が原因の一つであると言われています。パロチンは赤ちゃんから20代半ばまでは唾液腺から盛んに分泌され、私たちの体の中で若々しさを保つ働きをしています。

パロチンには、細胞分裂を促し、新陳代謝を盛んにする働きがあるため、分泌が盛んだと筋肉や内臓、骨、歯、髪などの成長、発育や再生が活発になり、若さを保つことができます。

ローヤルゼリーには、このパロチンに良く似た成分、その名も「類パロチン」が豊富に含まれています。細胞の生まれ変わりに不可欠な成分「類パロチン」は別名「若返りホルモン」と呼ばれることからも分かるように、若々しく美しい肌をキープする効果が期待できます。さらに、ローヤルゼリーに多く含まれるビタミンB群も肌の状態をコントロールして、シミやシワなど肌の老化を防ぎます。


ローヤルゼリーで必須アミノ酸を摂ろう・・・

タンパク質を構成している20種類のアミノ酸は、生命維持活動には決して欠かせないものですが、なかでも人間の体内では絶対に作る事ができない9種類のアミノ酸は必須アミノ酸と呼ばれ、必ず食品から摂らなければなりません。

アミノ酸が不足するとカラダの様々な機能が正常に働かなくなり、老化が進んだり、生活習慣病にかかったりする他、アレルギー、肌荒れを引き起こすなど、全身に障害が起こります。

全必須アミノ酸を含めた多くのアミノ酸を含むローヤルゼリーを日常的に摂取することにより、それらの予防と改善に効果が期待できるのです。


自律神経を正常化させる・・・

特に40〜50歳代の女性の多くに見られますが、卵巣から分泌される女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量の減少による、ウツや、イライラ、ほてり、不眠など様々な症状のことを更年期障害と言います。

更年期障害の症状の軽減には、 自律神経系の乱れを整えることが大切です。ローヤルゼリーには含まれる神経伝達物質のアセチルコリンには、自律神経を正常化し、ホルモンバランスも良くしてくれる生理機能があります。

また、ローヤルゼリーに多く含まれる多くのアミノ酸には女性ホルモンの分泌を促す機能もあり、更年期の辛い症状が和らぐ効果が期待できます。

ローヤルゼリーの作用

ローヤルゼリーがどのようにして人間のカラダに効果をもたらしているのか、その科学的な解明はどんどん進んでいま。実際に、臨床の現場でもローヤルゼリ―は医薬品(数社が医薬品として認可されている)として利用され、多くの臨床例が報告されています。

ローヤルゼリ―の様々な作用はたくさんの医学者や研究者によって確かめられています。副作用は今のところ報告されていません。


.▲鵐船┘ぅ献鵐亜聞害知陝忘醉
抗ガン作用
L髪嵶漏萓化作用
ぜ律神経正常化作用
ト肌作用
θ莽回復作用
Ч鎧晴什醉
┨涯欹醉僉聞垣己質様作用)
血糖値安定作用(インスリン様作用)
血圧正常化作用
コレステロール降下作用
抗アレルギー作用
強精作用
食欲増進作用
便通改善作用
鞍乕罅Χ敍・骨の成長(再生)促進作用
餌し豕’讐麌作用
架榿院Π虧唳醉